想像力・創造力を育てる|未就学児向けダンス教室

未就学児童(3~5歳)を対象にした創作ダンスの教室です。

コピーや借り物ではなく、自分の中から生まれる感情や感覚を大事に、自分を解放し、
こころとからだをつないで踊る、そんなダンスをこども達と一緒に踊っていきたい。

子どもの「自由な発想」をカタチにしていくお手伝い

本来人間のからだとこころは相互に関わりあっています。
からだを動かすと汗をかく・喉が乾く、
緊張するとお腹が痛くなる、好きな人に告白するときは心臓がドキドキする…

喜怒哀楽の感情を持つのは人間の持つ特別な能力

そして、それを表現できるのが人間の素晴らしいところです。

振り付けしない ダンス

真似っこや遊びのなかからヒントを得ながら、その場でダンスをクリエーションしていきます。

そこから際立つ個性を発掘。

場を共有することで、他者を受け入れ、自身も受け入れられることを感覚で実感することができます

「感覚の経験値」と「自己の表現力」を養う

外遊びの機会が減ってきて、からだが受ける感触の種類の体験が少なくなり、
感覚の経験値の少なさが自己の表現力に影響しているように思います。

SNSや動画、ゲーム機のハードやソフトの進化、
スピード感の追求や、攻撃性の強いアニメなど、視覚から脳を刺激される事が多い時代。
からだを動かさなくても、脳に刺激を与えることで、疑似体験できてしまいます。

どこかに、からだが置き去りにされている…

そして、感情も疑似の中で昇華されて、
現実にあふれでる感情にフタをしてしまうか、気付かずにスルーしてしまうことも。

国内外の有名人ダンスグループ、某高校のバブリーダンスなど、
魅力的で影響力のあるグループのダンスを完全に真似をして踊るのが流行っています。

自信のなさからくるもの?他人の評価や点数に縛られるべきではありません。

真似をしなくたって、自分の心に意識をかたむければ、素直な感情が、からだを伝わって表現されます。